酵素の働きとは

酵素には、まだ分かっていないことが、たくさんあるようです。
人間の体内に3,000種類の体内酵素があると言われていたが
現在では2万種類を超えることが分かっています。

 

全ての生き物には酵素がありますが
酵素の働きを簡単に言うと、生物が生きていくための
すべてのことに関与しているのです。

 

呼吸や食べ物を食べて消化、吸収することも
運動や頭で考えることも、病気と闘う免疫機能や
体を作ったり細胞の修復、老廃物の排泄や
有害物質の排泄など生きていくための全てのことに関わっているのです。

 

人の体内には代謝酵素と消化酵素があります。
この2つを合わせて体内酵素と呼びます。

 

消化酵素は、唾液、胃液、腸液などに含まれる
食べたものを吸収するために分解します。
代謝酵素はそれ以外の全ての働きに関与します。

 

体内酵素は、一生の間に生産される量が
決まっていると言われています。
年齢とともに減少し、老化して病気になり
一生を終えます。

 

酵素の無駄遣いは寿命を縮めることになるので
健康に長生きをしたければ酵素の節約が必要です。

 

酵素は全ての生き物に存在するので
私たちが食べる生のものにも存在しています。
食べものにある酵素を食物酵素、または体外酵素といいます。

 

生の野菜や果物、生の魚や肉にもあります。
生の魚はいいとしても生肉は、あまり食べることはできませんね。

 

生のということが大事なんですが
酵素は熱に弱く50度以上で失活してしまいます。
(失活とは本来の働きをしなくなることです)
つまり酵素の働きをしなくなってしまうのです。

 

食物酵素をたくさん摂ることで消化酵素の節約なるので
健康で長生きをするためには
なるべく生の食物を食べることが大切です。