インスリンが大量に出ないように食事をすると太りにくい

食べた物が消化吸収されて、血糖値が上がると
血管内にインスリンが分泌されて臓器が栄養を吸収することを促進します。

 

このインスリンが大量に分泌されると、余分な栄養が
脂肪細胞に作られるので太りやすくなります。

 

インスリンが大量に分泌される原因はどこにあるのでしょうか?

 

色々と原因はありますが
まずは糖質や炭水化物の多い食品を食べたときです。

 

砂糖を使ったお菓子、ケーキなどの洋菓子
ご飯やパン、ラーメンやパスタなどの麺類がそうです。

 

こういった食品を食べるとインスリンが大量に分泌されてしまうのですが
同じものを食べてもインスリンの出方を抑える方法があります。

 

食べあわせを考えるのです。

 

消化吸収の早い物はインスリンが出やすいですが
消化に時間がかかる物はインスリンが余り出ません。

 

インスリンが出方が少ない食品は、タンパク質、脂肪
食物繊維の多い食品です。

 

つまり、糖質や炭水化物を摂るときには
タンパク質、脂質、食物繊維といっしょに摂ればいいのです。

 

これだけでダイエットが出来るわけではありませんが
同じ食べ物を食べても太りにくくすることはできます。

 

食べ合わせを考えるのが面倒であれば、食事のときに
必ず食物繊維の多い野菜を食べるとか、決めておくといいですね。