食事の摂り方、脂肪は減らさなくても痩せられる

糖質制限ダイエットというものがあります。
その考え方によると、炭水化物を減らせば痩せられる。
脂質はとっても大丈夫だそうです。

 

ただ、脂質は摂っても大丈夫とはいえ、摂りすぎは太りますよ!
あくまでも、常識の範囲内で食べてくださいね。

 

少し前までは、脂質を摂るから太るといわれてましたが
実は、炭水化物の摂りすぎで太っていたのです。

 

つまり、脂質を摂るのを減らしても、炭水化物を
摂りすぎれば太ってしまうのです。

 

反対に脂質は減らさなくても、炭水化物を減らせば痩せられます。
なぜなんでしょうか?

 

炭水化物を減らせば痩せられるの訳

 

大昔の話です。
人は脂肪をエネルギーとして生きていました。

 

普段は、動物や魚を捕って食べていました、お米や麦はありません。
農耕というものが、まだ始まっていなかったからです。

 

炭水化物である、お米や、小麦粉から作るパンや麺類は
まだ無かったので食べていませんでした。

 

その時代は、人は炭水化物ではなく脂質をエネルギーに変えていたので
魚や肉を食べても太ることはなかったのです。

 

現代では炭水化物の食品が世の中にあふれています。
炭水化物を摂ると、人の体は脂質よりも炭水化物を、先にエネルギーとして使います。

 

これは、脂質よりも炭水化物の方がエネルギーに変換しやすいためです。
つまり、炭水化物があると脂質は脂肪として体に蓄積されてしまう。

 

なので、炭水化物を摂るのを減らせば、脂質がエネルギーとして使われるので
脂肪が燃焼してダイエットができるということです。
これが糖質制限ダイエットの考え方です。

 

ただ、いくら脂肪は摂っても大丈夫といっても
食べすぎは太りますから注意して下さいね!