酵素置き換えダイエットを成功させるテクニック!摂取カロリーさえ減らせば良いわけではない

ダイエットの基本では摂取カロリーより
消費カロリーが多ければ痩せられると言いましたが

 

カロリー計算だけしていれば良いというわけではなく
カロリー計算はあくまでも基本で全てではありません。

 

カロリー計算の次に大事なダイエットの基本のお話をします。
これを知らないと、はまってしまう罠があります。

 

人の体には順応とかマンネリ化ということが起きます。

 

同じことを何度も繰り返していて慣れてくると
最初は難しかったことが簡単に出来るようになります。

 

運動の場合、最初は体重が毎日減っていたのに
段々と体重が落ちなくなってきます。

 

これは体が運動に慣れてきて少しのエネルギーで
運動できるようになってくるのです。

 

ここで運動量を増やしていくと体がきつくなるばかりです。

 

食事の場合も同じで例えば2000カロリーの食事で
体重が毎日減っていたものが同じ内容の食事を摂っていても
段々と体重が減らなくなってきます。

 

これも体が慣れてきて少ない栄養でも
体重を減らさずに活動できるようになるのです。

 

ここでも食事を減らすと食欲を我慢するのが大変になってきます。

 

根性があれば運動量を増やしても
食事を減らしてもダイエットを続けられるかもしれません。

 

でもダイエットが辛くなってくるのは確かです。
挫折する方もでてくるでしょう・・・・・

 

そうなっては元も子もありません。

 

では、体が少ないエネルギーでも
活動できるようになって痩せなくなったらどうすればいいか?

ダイエットを続けていると痩せなくなる?

ダイエットを続けていると、今まで順調に痩せていたものが
体重が落ちなくなってくるとくる時がきます。

 

これは誰にでも起きることなので
「ダイエットのやり方が間違っているのかな?」
とかの心配はいりません。

 

ただ体が順応してマンネリ化の時が来ただけです。
個人差はありますが大体4ヶ月ほど
同じダイエット方法を続けていると起こるようです。

 

初めて食事制限や運動などでダイエットをする方は
マンネリ化がくるのは6ヶ月くらい先かもしれません。
普段やっていないことはマンネリ化に時間が掛かるようです。

 

逆に食事制限や運動でダイエットを以前よりやっている方は
4ヶ月もすればマンネリ化は訪れるでしょう。

 

初めてダイエットをした方は6ヶ月間順調に体重が減っていたのに
急に体重が落ちなくなったらあせりますよね。

 

おそらくここで運動量を増やすか食事制限を
きつくすることを考えると思います。

 

でも、あまりきつくするとダイエットが続かなくなる。
挫折してリバウンドということになりかねません。

 

そこで、どうすればいいか?

 

一言でいえば「変化を与える」です。
何らかの変化で刺激を与えて脳を混乱させるのです。

ダイエットで体重が落ちなくなったときは刺激を与える

ダイエットを続けていて体重が減らなくなったら
変化で刺激を与えることで、また体重が減り始めます!

 

なぜ、体重が減りはじめるのでしょうか?

 

マンネリ化とは同じ行動に体が慣れることで起きます。
そこで刺激を与えて脳を混乱させると
マンネリ化を打破できるで、また痩せ始めるのです。

 

まずは運動の場合の刺激の与え方です。

 

ダイエット運動には、どんな種類があるでしょうか?

 

有酸素運動が主になると思いますが
ウォーキング、ランニング、ダンス、水泳
筋トレやマシントレーニングなど色々ありますね。

 

ウォーキングやランニングの変化の与え方は
距離を伸ばす、スピードを変える、途中でスピードを遅くしたり
早くしたりを繰り返すなどです。

 

ダンスの場合は、ダンスの種類を変える。
水泳の場合も泳ぐ種目を変える、スピードを変える
普段やっていない種目なんかもいいですね。

 

筋トレなら、種目を変える、角度を変える、重量を変える
スピードを変えるなど、工夫次第でいくらでも変えられます。

 

食事の場合はどうすればいいでしょうか?

 

毎日3食を食事制限をして食べているとします。
そこで例えば、1週間に一回だけ好きなものを食べるのです。

 

せっかく食事制限をしているのに
「ピザやラーメン、ハンバーガーやとんかつ、ケーキなどを
食べてしまったら太っちゃう」

 

と思いますか?

 

答えは・・・・・痩せるのです!

 

毎日、体に栄養が少ししか入ってこないと
少しの食事から栄養を一生懸命吸収しようと働きます。
これが省エネモードです。

 

それが、たまに炭水化物や脂肪がたっぷりと入ってくると
省エネモードが解除されるのです。

 

栄養がたくさん入ってくるので「そんなに吸収を頑張る必要はないか」
ということになり、また痩せ始めるのです。

 

ここで注意しなければいけないのが
週1回、好きなものを食べてもいいといっても
好きなだけ大量に食べてはいけません、程々にして下さいね!
太ってしまいますよ♪

 

運動にしても食事にしても、このように刺激を与えると
省エネモードが解除されて、また痩せ始めるのです。

 

ダイエットの基本の話が長くなってしまいましたが
食事と運動の基本(バランスとマンネリ化)が分かっていれば

 

新しいダイエット方法が出てきても
なぜ痩せるのかが理解できるし
失敗もなく効果的にダイエットができると思います。

 

ダイエットの応用編の話もたくさんありますので
今後も少しずつ書いていきます。