白砂糖を摂ると消化酵素が大量に使われる

ダイエットをしている時に食べたり、飲んだりしない方がいい物があります。
ケーキなどの甘いデザート、スナック菓子、チョコレート、脂肪を含んだ肉類
着色料、保存料などの添加物が入った物などです。

 

ダイエット中は糖質や脂肪の入った食品は、なるべく控えるというのは
当たり前の事になっていますが。
これは単に脂肪になって体に蓄積されてしまうから
という理由だけではありません。

 

当然、糖質や脂肪をたくさん摂れば太ります。
ごはんや麺類などの炭水化物も摂りすぎれば太ります。

 

これらを酵素という方面から考えてみます。
甘いお菓子などは殆どが白砂糖が使われています。

 

この白砂糖がは天然の砂糖ではないので
胃腸で分解、吸収するのに結構エネルギーを消費します。

 

消化をするのは、もちろん消化酵素です。
この消化酵素を大量に使うということは
代謝酵素にまわされる分が減少することになるのです。

 

代謝酵素が不足すると、基礎代謝が落ちます。
基礎代謝が落ちると、太りやすくなってしまう。

 

せっかくダイエットをするために食事制限や
運動をしているのに食べる物や、飲み物の性で痩せにくくなれば
効果半減ですよね。

 

飲食物は太りやすい食べ物というだけでなく
消化酵素を無駄使いしないもの選ばなければなりません。